武庫川スポーツクラブ のホームページにようこそ!【写真は、4月9日開催『武庫川ロード記録会』5Km・10Kmの部のスタート】

2010ウルトラ70Kmレポート

第18回武庫川ユリカモメウルトラ70Kmマラソン大会レポート

「フル」を超えたその先には「ウルトラ」の別世界と感動がある!

初参加です! 2月の誕生日の日に決意し申し込みました。大会迄 後11日となり 不安と緊張でいっぱいです。当日はベストコンディションで臨めるよう 調整して完走目指して頑張ります。

※枠の中のコメントは、参加ランナーから大会に寄せられた投稿です。

選手の集合風景

2010年5月3日、ゴールデンウィークに入って好天気が続き、この日も朝から雲ひとつない快晴の天気となりました。今年も「ウルトラ70Km」に挑戦する勇気あるランナーたちが、全国各地よりここ武庫川に朝早くから続々と集ってきました。


制限時間内にはゴールできませんでしたが、70kmを最後まで完走することができたことは、「ゴールの感動はあなたの胸に」という垂れ幕通り、今、凄く感動と皆様への感謝に胸いっぱいです。過去の大会の投稿を見て、ウルトラを走るなら、まずこの大会と決めていた私にとってその選択に間違いが無かったことを実感できました。

>>★大会参加者の自由投稿

スタート前準備運動
  • 2010年5月3日(月祝)  天候・晴れ
    気温19℃~24℃
  • 主 催      : 武庫川スポーツクラブ
  • 種 目      : 70Kmのみ(往復10Kmコースを7往復)
  • スタート     : 午前8:30一斉スタート
  • エントリー総数 : 532名(大会史上最高)
  • 当日出場者数 : 479名(内男子 401名、女子 78名)
  • 時間内完走者 : 210名(内男子 177名、女子 33名)
  • 完走率     :  43.8%(内男子 44.1%、女子 42.3%)

なんとか完走出来ました。有難うございました!なんと言っても、一日中、ランナーに声をかけてくださっていた1kmポイントのスタッフの方をはじめ、大会関係者・スタッフのみなさんの頑張りには頭が下がります。お疲れ様でした。有難うございました!


開会式

上岡正枝さん



今回大会のゲストランナーの紹介》

~上岡正枝さん~元「ノーリツ」女子陸上部のエース選手、現在は、県対抗女子駅伝のコーチや市民ランナーの指導にも活躍中。すぐお隣の武庫川女子大のご卒業。

《友情参加ランナーの紹介》
~中瀬洋一監督率いる大阪芸大女子駅伝部   ~元ユニバ金メダルの深尾真美さん
 中瀬監督の紹介による大阪芸大女子駅伝部   武庫川SC会長より紹介される深尾真美さん

この日、朝から気温がぐんぐんと上昇し最高24℃、体感温度はそれ以上の暑さを感じました。しかしながら479名のランナーは、それぞれの目標に向けて元気にスタートし、70Kmの長丁場に挑みました。60Kmでの関門がスタートして7時間30分、ゴール閉鎖は8時間30分、最後のゴールには午後5時00分までに帰ってこなければならない、長い長い一日の始まりです。


南の折返しから帰ってくるランナー   女性もこの暑さにぶっかけ水

万全の体制のおかげで無事完走できました。応援していただいたスタッフの声には、励まされました。「速いランナーになるのは無理でも強いランナーにはなれる筈」と言うのがテーマなんですが、今回の大会で少し強くなれた気がします。


AM8:30 スタートからの風景  (スライドショー)

スタート前 スタート直前 号砲が鳴っていよいよスタート! スタート風景1 スタート風景2 スタート風景3 スタート風景4 スタート風景5 スタート風景6 スタート風景7 スタート風景8 スタート風景9 スタート風景10 本部付近 本部付近 本部付近 本部付近 本部付近 本部付近 本部付近 本部付近 本部付近 南の折返し付近 南の折返し 南の給水エイド 南の給水 南の給水 ぶっかけ水をかぶるランナー 和太鼓集団「鼓情炎」の応援演奏 和太鼓集団「鼓情炎」の応援演奏 阪神電車「武庫川」駅下付近 北の給水エイドで水を浴びるランナー 北の給水エイド 北の給水エイド 北の阪急高架下付近 北の折返しに向かうランナーたち 北の折返し 北の折返し 北のコースですれ違うランナー スタート地点に戻る選手たち


今回最後の残り5kmが辛くて走るのをやめて道路上でへたりこんでいたら、何人かのランナーの人からファイトとエールをかけてもらいました。レース直後、5月の連休にもうこんなしんどいことは今回で最後にしようと思っていましたが今、来年への対策を練っている自分がいます。



和太鼓『鼓情炎』

和太鼓『鼓情炎』



尼崎市で和太鼓を演奏する市民グループ『鼓情炎』の皆さんが、勇壮な太鼓の音で、がんばるランナーの背中を押しました。

和太鼓『鼓情炎』

暑さとしんどさとで、途中30Km、40Km、50Km過ぎで「もうやめよう」と思いましたが、エイドに帰ってきた時のスタッフの方の励まし、私設エイドを開設されていた応援の方の励まし、そして60Km関門に向かう途中で、気持ちが折れかかっていた自分を引っ張ってくれるように走られていた方のおかげで何とか走れました。

>>★大会参加者の自由投稿


ゴールシーン (ゴールの写真はクリックすると拡大されます)

今大会、最も早くゴールに帰ってきたランナーは、原 良和さん(兵庫県宝塚市、37才)です。もちろん「男子39才以下の部」で優勝。
タイムは4時間40分31秒! 当面、破られないと思われていた大会記録(1997年第5回大会:柏原敏郎さんの4時間42分6秒)を13年ぶりに1分30秒近く更新する大会新記録でのゴール、という快挙でした。

兵庫県立尼崎病院

(←クリック)原 良和さんは兵庫県立尼崎病院の呼吸器内科の先生でもあり、この活躍は同病院の広報紙にも紹介されました

3029原 良和さん

女子で最も早くゴールテープを切ったのは名賀公子さん(兵庫県宍栗市、47才)、タイムは5時間47分6秒。
昨年の自己優勝タイムを12分も上回る好タイムで、「女子45才以上の部」でも三連覇を飾りました。(ゼッケンの「君子」は誤りで「公子」が正しいお名前です。名賀さんには大変失礼しました)

2001名賀公子さん     2001名賀公子さん

この大会自体はとても素晴らしいものです。数々の大会に出ていますが、人数の規模は関係ありません。とてもアットホームで、参加費から考えてもいろんな点に行き届いた大会です。なかなか70kmになると、気軽に誘って出られる距離でないですが、来年はぜひ多くの仲間と参加してみたいと思います。本当にありがとうございました。


「男子40才台の部」優勝の溝渕学さん  「女子44才以下の部」四連覇で優勝の大八木和佳子さん  「男子50才代の部」三連覇で優勝の塩野国男さん 

「4042」那須政広さん  「5036」太田利一郎さん  「3061」宮城要さん

「3052」小崎哲也さん  「3035」山下高史さん  「3003」藤尾祐有一さん

今までマラソンで感動なんてありえないと思っていたのですが、今回は悔しさや感動のいろんな思いで何度も泣きそうになりました。1キロ近くにおられたメガネのスタッフさんは、一日中声かけしてくれてましたよね?最初はあまり気にせず走ってたのですがドンドンと嬉しくなってきて、あの人からは走り切る勇気をもらいました。他にもたくさんの人達に助けられました。マラソンってこんな感動するものなんだなと思える素晴らしい大会でした!

「3026」伊藤健一さん  「4022」鍵修一さん  「4099」福井和久さん「5129」川上寿男さん

「4133」大谷敬吾さん  「4037」真砂裕幸さん  「4104」大橋重久さん

「3052」小崎哲也さん  「3035」山下高史さん  「1047」田岡千明さん

「1022」上川裕子さん  「5121」笹原裕さん  「5117」坂元武則さん「6036」直井昇さん

今までフルマラソンを6回走りましたが、今回は、心の底から、スタッフの方たちに感謝しました。自分の練習や努力だけでは絶対に完走なんてできませんでした。最後の2周、最後の1周、応援してくれる人の声援にも、だんだんと熱気がこもってきているのがわかりました。足の痛みは限界だけど、ここでやめるわけにはいかない。何が何でも這ってでもゴールするぞと、1歩1歩に気をつけて走りました。走りきることができました。本当に、ありがとうございました。

「3097」織田真人さん  「1002」勝原香さん  「2009」山川能子さん

「4053」山本雅章さん  「1025」松川静香さん  「2010」山下弘子さん

「3055」新谷慎二郎さん  「2030」新谷由里さん  「4015」丘村彰敏さん

>>★大会参加者の自由投稿

TAMURA PHOT

  ≪TAMURA PHOT≫ 
ウルトラ70Km大会の皆さんの写真が多数あります。
閲覧と購入もできます。アクセスキー『100503』を入力してください。


終了後の打ち上げ風景

終了後の打ち上げ風景  終了後の打ち上げ風景

画像の説明大会事務局にうれしい便りが届きました 

厳しい暑さのなか、見事に完走された選手の皆さん、本当におめでとうございます。また、関門やリタイアで惜しくも70Kmに届かなかった皆さん、誠にお疲れ様でした。皆さんのおかげで本大会は大いに盛り上がり、無事終了できました。選手をはじめ大会を支えてくれたスタッフや関係者の皆様に、大会を代表して心よりお礼申し上げます。
来年もまた皆さんと、ここ武庫川の『ユリカモメウルトラ70Km』でお会いしましょう!

武庫川スポーツクラブ  大会実行委員会
委員長 白石裕之


  • ATTENTION! 大会でのお忘れ物です。事務局へメールか、TEL(090-6673-2595)にてご連絡を!(クリックすると拡大します) ⇒ お忘れものの時計

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional